気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
岡山徘徊 (2)
ウイスキーコニサーの資格を持ち、S新聞にも紹介されていたK氏。 落ち着いた雰囲気で
カウンターに置いてある、先月発売のキルホーマン3年・ファーストリリースのボトルもよく
減っています。 K記者の「トロっとしたモルト」のオーダーにも、さらりとグレンロセスの20年
オーバーをサービス。また立ち寄りたいお店です。 JR最終の時間を気にしながらBar「U」へ
 
気持良く飲んでいると最終時間を過ぎ、始発まで飲む事に。。そろそろ記憶もあやしくなり
かけ、「U」閉店後は、3人でBar「S」へ。 ここもまだ行った事がないお店の1つで、Y氏とは
6月の全国大会後、銀座で飲みながらお話をして以来でした。 どこかつっかかる物言いの
F氏を、さらりと流すY氏のやり取りを聞きながら 「僕たち犬猿の仲良しなんですよ(笑)」
 
カクテルを1つ1つ時間をかけながら丁寧に調整する姿は、イラチの自分にはなく新鮮で
参考になりました。 まだ始発までは時間があり店を移動すると外は雨、冷えてきています。
それからどこかのビルの3階か4階のお店に入りましたが、名前は覚えていません(苦笑)
壁に映るニュースを眺めながら、ビールを頂きながらウトウト。 良い時間となり岡山駅に。
 
居眠りで乗り過ごさないよう、嫁さんにメールをしかけると「おはよう〜。どこに居るの?」と
嫁さんからメール。 そうなんです、嫁さんは東京出張で、朝イチの飛行機で出掛ける日です。
「雨だし、駅に迎えに行くわ」 助かりました。 子供を送り出し爆睡。 久々の岡山、いつも
同じお店ばかりが、今回新規6店、それぞれ特長があり有意義で刺激になったお休みでした。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:56 | category: 飲食 |
岡山徘徊 (1)
11月16日(月) 久しぶりに夜の岡山を徘徊してきました。 新倉敷14:53発のJRに乗り
まず目指したのは岡ビルの「B」 台所用品が所狭しと並べられている中から、嫁さんの
希望していた箱寿司の押し型を発見。 いくつか大きさの種類があったため中を見せて
頂き購入。 美味しそうなキムチのお店もありましたがスルーして、西川沿いのBar「U」へ。

開店前の準備中でしたが、快く入れて頂き、お互いの近況報告をしていると、17時の開店
を待っていたかのように、お客さまがご来店。 私もジントニックを頂き、夕食に「I」へ移動。
ここは、岡山のTさまやアンティーク商のYさまご推薦の和食屋さんです。 にし貝のつぼ焼き
・秋刀魚の有馬煮・牡蠣のとろろむし・にぎりを5貫ほど頂き、生ビールと燗酒でいい気分。

千日前方面にあるビヤスタンド「S」を目指しました。 店主のH氏とは、昔から寄って下さる
縁で、会社にお勤めされながら開店 「恥ずかしいから来ないで下さいよ」と、釘をさされて
いたのですが、19時丁度に入店。 エビスの生2杯・ソーセージ盛を頂き、よく頑張っている
と思いました。 そのH氏と知り合うきっかけとなったAさまが、天神でお店をなさっています。
 
もう開店なさって随分となるのですが、まだ1度も伺った事がなく、表町をテクテク北上「U」へ
フェイマスのソーダ割りを頂いていると、お隣の方から持ち込みのタコ焼きが回って来て
アットホームな雰囲気です。 ここで、東京から出張帰りのK記者と合流。 食事がまだの彼と
西川沿いの和食店「F」にて積もる話に花が咲き、その後、よく行くというBar「S」に寄りました。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:54 | category: 飲食 |
師匠
6月29日 (月) 参観を兼ねて委員会の用事で、学校に行き打ち合わせ途中に
師匠から珍しく電話があり 「久しぶり、最近どんなん?」「芳しくないですね・・」と
店の現状報告。 「まぁ飯でも食いに行こうや」「いつでもOKです。声して下さい」
昔、下で働いていた頃、活けていた花で、私の気持ちを読み取られていました。

今回も何らかのメッセージが届いたかも知れませんが、翌日「これから行くわ」
と、早速の電話。 了解し迎えに来ていただいた車に乗り、北上。 一緒にどこか
へ行くのは本当に久しぶりで、近況報告などしつつ北房ICで降り、そば屋「H」に
到着。 カウンターとテーブルのすっきりとした店内、カウンター席に座りました。

「せいろ2枚づつ」と師匠がオーダー 「美味い酒があるんよ。飲む?」 とりビーの
私ですが、冷蔵庫から出て来た日本酒、すっきりとした気持ちの良い生酒でした。
付き出しの揚げそばもバリバリ感がなく、いい感じ。せいろに期待がかかります。
細切りのそばは、思っていたより量もあり、出汁とも良く合って美味しく頂きました。

タイミングを計って出て来た2枚目もぺロリ。 「まだ何かいけば」「じゃあ、かけを」
かけは残念ながら私の好みではありませんでしたが、また来たいと思いつつ車に。
「日本酒どうやった?」「生は、最初はいいけど、1合の終わり頃はしんどいですね。
本醸造あたりを飲んでみたいです」 地元の酒蔵で、若き杜氏が頑張っている様子。

車は帰りかけると思いきや道を外れ 「ちょっと寄って行こう」 と、道をくねくね新緑
をながめつつ「」へ到着。 以前、倉敷でもラーメン屋をされていた方で、最近TV
で拝見したばかりです。 師匠はかつ丼を注文、私もつき合います。 昔、どこかに
行くと食べ歩きが始まるのですが、ランチのはしごも平気で当時を思い出しました。

ピザ窯があり 「ピザ以外にも野菜や魚を焼くと最高じゃ」 と、ご自慢の窯を見学。
しかし、行く道中軽トラ1台とすれ違い、それ以外誰とも会わなかった所での商売
に、帰りの車中 「こんな所でもやっていけるんですよね?」「食うには困らんやろ」
そば屋同様、しっかりとやる事やっていれば、お客さまは来てくれる例でしょうか。。
 
私の仕事入りの時間を気にして 「帰りは高梁を回るけど・・」「いいですよ」 やはり
真っすぐは帰らず(笑) 「ここの水羊羹、美味いんよ」「シュークリーム美味しいで」
と、2軒寄りお土産に。「井原に面白い喫茶店があるけど、また今度誘うわ」 父親
の印象もなく、兄弟のいなかった私にとって、父や兄貴とも思える師匠の存在です。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:01 | category: 飲食 |
ひさびさフレンチ
5月18日(月) 店休日 嫁さんは、朝一の飛行機で東京出張、息子を送り出し娘と
2人に。 そうです、修学旅行の振休でお休みです。 「何がしたい?」「ボーリングと
バッティングセンター」 体育会系の答えです。 「分かった、午前中に宿題と明日の
用意を済ませば、行こう」 とりあえず仮眠をとり、正午前に起床。 「昼どうする?」

前から行きたかった里庄のフレンチに電話予約し、晴天の中、西へ西へ。 着いて
びっくり! お昼時とはいえ8卓あるテーブルは1つ除いて全部埋まっており、お待ち
のお客さまも。 それも、私よりご年配の女性で支配されています。 予約席に案内
され、ランチの4種類(若鶏・真鯛・・)の中から仔羊と黒毛和牛をチョイスしました。

修学旅行の話を聞きながら待つ事しばし、温かい桜エビのキッシュ・焼きおにぎり
入り野菜スープ・メイン・コーヒーと、別オーダーのデザート盛・ガトーショコラで満足!
お会計時に照れながら出て来たシェフと挨拶。 もう何年も前の話ですが、知り合いの
フレンチ店を辞め「渡仏するんです」と情熱を内に秘めていた彼の出世姿を見て感動。

今度は嫁さんの運転で、ゆっくりと飲みながら味わいたいと思ったのです。 そこから
ボーリング場で3ゲーム、いつ以来かな〜久し振りでスコアはガタガタ。 バッティング
センターでは、元気一杯の娘を見学。 タフになる子たちと、反比例する我が身を思い
知りながら、そのうち子たちに相手にされなくなるんだろうな〜。と、感じた1日でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:52 | category: 飲食 |
大会後〜福山へ
駅にKさまが迎えに来て下さっています。 Kさまとは前店「C」からのお客さまで、いつも
あちこちの美味しい店の話題になります。 今回やっと実現した飲み会で、そば屋さんと
Barを予定してるようです。 タクシーで市街地を外れ「K」に到着。 そば屋さんなのですが
和食の料理人さんで、お造りや蒸し牡蠣を頂き、ざるそばで〆ました。美味しかったです。

「少し遠いですが・・」とタクシーで松永のBarへ向かいました。 土地勘が全然ない私に
とってどこをどう行ったのか見当もつかないまま到着。 木と漆喰の造り、カウンターだけ
の店内に、ゆったりと女性ボーカルが流れ「いい感じ」 ハイボールを頂いていると「ママ
さん、今日何あるん?」「おから・黒豆・太刀魚・カレー・・」 料理好きが伝わってきます。

黒豆とおから、けっこうつまみになりました。 マスターは、陶芸に音楽に趣味が多彩で
レコードを愛おしく扱いながら、Kさまの好みに合わせて掛けて下さいます。 店という
より、お家に招かれた感覚ですっかり和ませて頂きました。 帰り際「これ貰って行こう」
と、焼き物のお椀を手にし「揚げと水菜の炊いたん似合いそう」 ポカンとしている私に

「お気に入りをどうぞ」とKさま。 恐縮していると「来週、窯入れするので・・」 と笑顔の
マスター。 ちゃっかり1つ頂いて帰りました。 タクシーで福山に向かう頃、0時を回って
いて、そろそろ長門から福山支部のバス組が帰ってきそうです。 Bar「S」でK氏と待ち
合わせ、Kさまとお別れし、あとはドベドベと久しぶりに深酒をしてしまいました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:31 | category: 飲食 |
フレンチ「f」
6月16日(月) 今年も梅干しを漬けようと土曜日に梅10kgを買い、翌日に洗ってヘタを
取り乾かしていました。 ホーローの容器を洗い、甲類焼酎で拭いて乾かし、底に塩を
振り、梅1/3を自然塩と混ぜ容器に入れ、上から塩を振り、この工程を繰り返し梅酢を
振り、重石をするのですが、良い平面の皿がなく落し蓋を買いに嫁さんと外出しました。

丁度昼時で、最近お客さまからよく聞く評判の良いフレンチでランチをと思い、芸文館
に駐車。船倉の川沿いのレストランに着くも12時からで、時間調整に美観地区を散策。
星野仙一記念館や豆屋さんに寄りながら戻ると、カウンター10席に女性客2組いて
窓際に座り、倉敷川の風景が気持ち良く見渡せます。 Bランチとビールをオーダー。

奥からパンを持ってきて霧吹きを掛け、オーブンで焼きホカホカで出てきます。 その後
田舎風パテ・コーンとじゃがいものポタージュ・鯛のポアレ・黒豚のコンフィ、レンズ豆と
ビーツのソース・クレームブリュレ&紅茶のソルべ・コーヒーといただき、付け合せの野菜
も美味しかったです。 和食経験のあるご主人のこだわりか黒板には「小鉢」の表記も。

パテや黒豚はパックから出して調理し、またフードセーバーで真空にと丁寧に仕事をして
います。 夜、飲みながらアラカルトで色々いただきたいと思いました。 月曜で休みの
多い美観地区を散策、久しぶりでしたので新しいお店も出来ていますね。 昔から知り
合いの「A」に初めて入り、コーヒーをいただいて帰路に。 のんびりとした店休日でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:38 | category: 飲食 |
酔っぱらいました
4月14日(月) 日本いけばな芸術 中国展を見に嫁さんと岡山へ出掛けて来ました。
私がお世話になったT先生や、お店に寄って下さるO先生も後期に出品なさって
いて楽しみにしていました。 蕎麦屋「M」で腹ごしらえをして12時頃、高島屋に到着。
入口で和服姿のO先生と出会い、ご挨拶をして入場。 最終日とあって大盛況です。

「まず、知り合いの作品を見てから後グルリしよ〜や」と流れに逆らうおばさん達と
ぶつかりながら、見応えのある作品も含め100以上見て回ると疲れました。 14時
から歯科治療の予約のある嫁さんと別れ、帰宅。 夕方から福山に行く約束があり
16:51のサンライナーに乗り、駅でバーテンダー仲間のK氏と会い、大衆食堂「I」

大正時代創業のこのお店、昼から開いていて昭和の香りがたっぷりと残っています。
ビールに冷奴と甘めに煮込んだ関東煮で一息つき、Bar「I」へ移動しハイボールを
頂いていると、仕事を終えたFさまも合流。19時過ぎ、目的の1つ旬菜食彩「T」に着。
生ビールで乾杯、お通しに、筍と蓮根のキンピラ・眞子豆腐・べいかが出て来ました。

どれも美味しく期待がふくらむ中、造り盛り合わせ(鰆・あいなめ・貝柱・たこぶつ・
よこわ)・馬刺し・甘鯛ちりむし・丸茄子のエビ湯葉あんかけ・地鶏の黒胡椒焼き・
春キャベツのコロッケ・エビと蓮根よせ揚げ・ゲソよせ揚げ・穴子ゴマ揚げ・鰆の押し
寿司・納豆雑炊など、菊姫のひや・立山の燗酒を頂きながら3人でつまみました。 

場所柄、隣には同伴のお客さまがいらして男性が沢山頼んでいると、若い女性は
お通しをほとんど残し「下げて」とカウンターに上げ「あ〜!もったいない」と横目で
見ていると時間もあってか他の料理も残して出勤していきました。 丁寧な仕事を
していることが伝わってくるだけに心が痛みながらも店を後にし、目的のBar「S」へ

尊敬するバーテンダーの1人であるSさまが、今年喜寿を迎えたと聞き、お祝いを
かねて伺うと足の具合が悪いとの事。 ワイルドターキー アメリカンスピリット15年
スッと出てきて、定番のターキーとは一味違います。 このあたりから記憶が怪しく
次々とストレートで、出てきたウイスキーを失念してしまいました。(Sさまスミマセン)

無理なさらずこれからも続けていて欲しいと願いつつ、JRの時間が気になり始め
駅に行く途中「ここOさんのお店です」と西洋居酒屋「Y」に立ち寄り「久しぶり」と
挨拶をし、ハイボールを1杯頂き、最後は小走りになりながら電車に乗り込み、
ウトウト。気が付くと新倉敷に入って行く所で、慌てて降りて無事帰宅したのでした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:12 | category: 飲食 |
「R」でランチ
2月25日(月) 午前中、確定申告に出掛けた嫁さんが帰宅、以前より行きたい
と言っていたスーパー「M」敷地内のバイキングレストラン「R」に行って来ました。
以前TVで地産池消と有機野菜にこだわって調理しています。と、放送していて
気になっていましたが、近すぎて延び延びになっていました。 13時前、到着。
 
入口駐車場付近は車が多く、人気の高さがうかがえます。入店し、席に案内
され「初めてですか?」「はい」「では・・」とシステムの説明後、ビールを注文。
料理が並ぶところに移動し、冷製と温製で1皿ずつに盛り、席に戻りビールを
飲みながらいただきました。 素材を活かすためか全体的に味は薄めです。

店内ほぼ満席状態で9割方は女性で、当然ザワザワと会話が飛んでいます。 
ランチタイムは11時〜16時、時間制限も無く料理の他にデザートやドリンクが
揃っているため、どのテーブルも寛いだ雰囲気で、滞在時間はどのくらいやろ?
と気になりつつ、お代わりを取り席に戻ると、知らないおじさんが寄って来ました。

「いや〜、わし以外にも酒を飲む人がおって安心したわ。よ〜来るけど女の人
ばっかりで酒飲むと肩身が狭いんよ」と、同類を見つけて嬉しくなったようです。
セルフのソフトクリームとコーヒーでしめ、約1時間で退席。 何を食べたか
これといった印象も残らず、話のタネに1度は・・程度で2度目は無いかな〜。。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:16 | category: 飲食 |
イタリアン「C」
1月30日(水) 朝「特に用事はないけど休みにしたんよ」 と言う嫁さんを誘って
前から行きたかったイタリアン「C」のランチに出発。 11時と時間にはまだ早く
時間潰しに骨董屋「S」に寄り、お気に入りの蕎麦猪口を探していると、嫁さん
が「これ、茶碗蒸しにどう?」と、小振りな蓋付きの茶碗を探してきました。

茶碗には5枚組とありますが、探しても4組しかなく、ご主人が不在のため保留
にしました。 駐車場から歩いて向かう途中、カップラーメンにお湯を注いだ
状態で、袋にはコンビニおにぎりを持った作業服のお兄さんとすれ違いました。 
12時30分「C」到着。 店内は白が基調で2人掛けのテーブルに案内されました。

2人ともBランチ[前菜・スープ・パスタ・魚or肉・デザート・ドリンク]にし、パスタと
メインを別々にしました。 じゃが芋入りオムレツ・ブロッコリーとハム・蛸のマリネ
・ヤーコンと穴子にとろとろ玉ねぎ・紫芋のアマレット風味が、1皿に乗った前菜。 
あっさりした味付け、野菜が美味しいと第一印象。  カリフラワーのポタージュ。 

フォッカチャをオリーブオイルで。パスタは、3種の中からカリフラワーとサツマイモ
のトマトソースと、きのこと春菊をそれぞれ半分に取り分けてあり、自家製のパスタは
食感も良く「うまぁ〜」 魚は、チヌのソテー聖護院大根とニンジンのソース。 肉は
豚肉のソテー黒オリーブとクレソンのソース。 これも半分ずつ順番に出てきました。

デザートは、りんごのシャーベット・ガトーショコラ・金柑の蜂蜜煮と、コーヒーを頂き
食材や自家製にこだわるご主人のお気持ちが伝わって来ました。店内ほど良く埋まり
案の定男性は私1人で、先ほどすれ違った作業服のお兄さんを思い出し、ご主人と
子供を元気に送り出した後、ランチで楽しむ奥様方のお気持ちも良く分かりました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:40 | category: 飲食 |
「Harb & Spice」
5月14日(月) 買い物があり倉敷に出る事になり、お昼時嫁さんが以前行った
事がある市役所近くの「インド&タイ レストラン」に寄りました。14時までは980円
のランチバイキングになっていて、50席以上ある店内で「お二人席に・・」と案内され
席が決まると料理のコーナーに行き、プレートを持ち順々に料理を乗せて歩きます。

大根サラダ(大根・人参・水菜、胡麻ドレ) 玉子サラダ(スクランブルエッグ・胡瓜・
玉ねぎ・白ネギ・人参・白菜) パコラ(ナスの揚げ物) タンドリーチキン チキンと
カシューナッツのカレー炒め パイナップルチャーハン・ジャスミンライス カレー3種(豆・
チキン・レッド) もう1品辛い炒め物がありましたが失念。。ラッシーなどのドリンク類

辛い物は嫌いではありませんが、汗が噴き出すので苦手なのですが、そんなに辛く
なく食べやすくアレンジされていると思いました。 バイキングの場合残しては申し訳
ないと少なめにプレートに盛りますが、結構、食が進み3回取りに行きました。ナンは
焼きたてが良く、早く補充をと待ちました。欲を言えばもう少し品数が欲しいところです。

アルコール類も見えましたが、あまり飲む気になれず、ひたすら食べ、食後のチャイと
コーヒーはどちらも薄く、物足りなさが残りました。 店内の造り、味付けや価格など
女性のグループに受けるよう設定してあるのが伝わって来ます。 この日、ワイワイと
おしゃべりグループがあり、タイミングが悪ければ落ち着かないかもしれません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:49 | category: 飲食 |
Categories
Search this site
Comments
Sponsored Links