気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ○○の秋 | main | 古酒 >>
福山散策
11月最終休日、翌月になれば何かと慌ただしくなるかもと、ふらり福山行きを思い立ち
JRに乗り15時過ぎに到着。 目指すは15時開店の、スタンディングBar「A」。 冷たい
風が、木の葉を吹き散らす中到着するも、準備中の様子。 聞けば東京から帰って来た
ばかりで、ならばもう1つの目的地のそば屋「D」へ先に行く事にして、場所をS氏に確認。

以前、駅前で永らく営業をしていましたが、開発に伴い移転し、行きづらくなっていました。
その息子さんが、また駅前で再開したと聞き伺ったのですが、15〜17時が休憩でアウト。
「ついてないな〜」と、また「A」に戻り、中に入ると椅子がセットしてあり 「どうしたん?」
「お客さまの年齢が高くて・・」と、スタンディングスタイルは変更を余儀なくされたそうです。

デュワーズのソーダ割りを頂いて17時前、再びそば屋「D」へ。 席に着き、ビールを注文。
ご主人は「延し」の最中で、奥さんらしき方がにこやかに 「私で出来る物はお出ししますよ」
すじポンを頼み、お父さんゆずりの割り子そばを久しぶりに頂きました。 お腹も落ち着いた
ところで、Bar「I」を目指し久しぶりの再会。ホワイトホース12yのソーダ割りと自家製チョコ。

ウイスキーが練り込んであり、チーズ風味のスティックとの相性も良く、参考になりました。
そして、N支部長のお店でグレンリベットのソーダ割り。 どのお店もウイスキーは、お任せ
でしたが、それぞれ個性があり面白かったです。 ハイボール8杯、そこそこに酔い帰路に。
心残りは、重鎮「S」氏のお店に寄る元気がなかった事。次回は必ずと心に決めたのです。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:10 | category: 飲食 |
スポンサーサイト
| - | - | 13:10 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1221
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links