気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 成田一徹さん | main | ○○の秋 >>
再会
先週、早い時間にふらりと入って来られた男性のお客さま。 (あれ〜、誰やったけ?)
席に着かれて 「7年前に絵を・・」「あっ!パブデピカソさん」 あの時は、酔夏のソルティ・
ボンベイサファイアなど、スラスラとスケッチしてお帰りになり、後日、色付けした葉書が
届き、額に入れてカウンターに置くと、今でもお客さまとの話題になることもしばしばです。

今回も、岡山でお仕事があり、再会となりました。 ジャックローズ・アードベック(ドラム
・ランリグ)・グレンゴイン・ポートエレン(ラ・リザーブ)と、飲んでステッチしてお帰りになり
ましたが、どのような仕上がりで届くのか、楽しみにしています。 「明日は、岡山のBarを」
との事で、懇意にしているBar「U」をご紹介しようと思っていると、リサーチ済みで流石です。

仕事終わりに「U」へ 「明日、スケッチブックを持ったお客さまが行くよ」と連絡。「頼むと
葉書にして送ってくれるから」とアドバイス。 楽しみが増えました。 電話の切り際 「今度の
日曜日、倉敷の市立美術館に行きたいんですよ」「あ〜、山岡コレクション?」「鮭図が
見たいですね」 せっかくならばと、昼食会のメンバーに連絡し、計6人で鑑賞となりました。

12時集合で入館、高橋由一や黒田清輝など、江戸時代後期から明治にかけての洋画を
堪能いたしました。 第1会場から第2会場に移る間に、人物や風景の素描の手帖が展示
されていて、こんなにサラサラと描けたらいいなぁ〜。先日の、パブデピカソさんのスケッチ
とダブり見入っていました。 一番印象に残ったのは、手帖だと言うと「変」て思われるかな?
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:45 | category: 店がらみ |
スポンサーサイト
| - | - | 23:45 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1219
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links