気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 野球三昧 | main | ヒグマのごちそう >>
復活ライト

当店カウンター中央に鎮座するライト。 元は、アルマニャック・シャトーロバードの5L入りで
前店・兆屋で売り切ったものの捨てきれず、空き瓶を持ち込んで、カウンターの隅に置いて
いました。 すると、お客さまが 「持って帰ってもいい?ちょっと遊んでくるから」とお持ち帰り
になり、数日後、素敵なオブジェに様変わりして帰ってきました。 「いや〜、面白かったわ」

元々、アルマニャックだった事もあり、ぶどうをイメージして創作。 熱量を抑えるなど様々な
工夫が施してあり、いろいろ説明を受けたのですが、うとい私はチンプンカンプンで(苦笑)
ただただ美しい光に見入っていました。 あれから10数年、営業日は毎日点灯していました
が、先日コンセントに差し込むとショートし、切れてしまいました。 「ありゃりゃ、困ったな〜」

こんな時には、頼もしい保全係へと、さっそく常連のMさまにメールし、事情を説明し、持って
帰っていただきました。 「マスター、直ったよ」と持参して下さり、前より見違えるようにきれい
になっています。 最初は、瓶の表面をきれいに拭いて下さったものだと、思っていましたが
聞くと、中のビー玉を全部出し 「くすんでいたので、全部拭きました」「うわ〜、大変やったね」

「大変なのは、その後です。均等にビー玉を戻すのに苦労しました」「ほんと、ありがとうね」
「いや〜、面白かったですよ。いろんな仕掛けがあって、感心しました」 プロはプロの心を
知ると言いますが、間に素人の私が入っているので、直すのにも苦労が大きかったと思い
ます。 あった物が無い数日間は、やはり寂しいものでした。 Mさま、ありがとうございました。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 05:22 | category: 店がらみ |
スポンサーサイト
| - | - | 05:22 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1214
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links