気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 甲子園 | main | 20周年 >>
花見

先週は都合がつかず、見ごろを逃したかなと思いつつ、昨日、種松山に行ってきました。
祖父母の眠るお墓参りを兼ね、お供花を買い、実家で母親を乗せてスタート。 曇り空で
進むにつれ怪しくなってきた空からフロントガラスにポツリ。 そういえば、昨年も1時間程
して雨になり、その後、豪雨になった記憶がよみがえりますが、続いて落ちては来ません。

駐車場に停めて登る石段、途中で「きつい」と立ち止まる母。 昨秋の彼岸には、普通に
登っていたと、寄る年波を感じました。 「そのうち、おんぶが必要やね(笑)」「あはは」と
笑いながら登りきりました。 空模様を心配しながら、公園方面に向かい、昨年見つけた
場所に到着。 そよぐ風に任せて花びらが舞うお気に入りで、今年は貸し切り状態でした。

弁当を広げて、話をしながら食べていると、次々に花びらが落ちてきて、数枚なら風情と
も取れますが、やはり物には程度があるもので、弁当の中身を見られたくない子供のよう
にして食べました(苦笑) 初冬にはらはら降る雪を、風花と呼ぶそうですが、大粒の雪に
見えなくもなく、上手い例えだと思ったのです。 じっとして、冷えた身体を動かして帰ろうと

散歩をしていると、側溝に溜まった花びらをすくい 「これ、何かに使えませんか(笑)」と
見知らぬご婦人から話しかけられて思わず 「吉野でしょう」と、言いかけましたが、ここで
銀座の有名バーテンダーのオリジナルカクテルを言っても、説明が難しい、面倒くさい
両方が頭をよぎり 「さぁ、何がいいですかね」と、その場を逃げ、車に向かったのでした。 

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:14 | category: 日常 |
スポンサーサイト
| - | - | 09:14 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1200
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links