気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 「怒り新党」 | main | NBA 中国大会(2) >>
NBA 中国大会(1)
2月19日 (日) 全国バーテンダー技能競技・中国地区本部大会に参加して来ました。
会場の、呉・クレイトンベイホテルは、まだ私が選手として出場していた93年に新幹線
と呉線を乗り継いで行った時以来で、今回は車で9時スタート、山陽道・西条ICで降り
呉に向かう道路沿いの気になるそば屋は準備中で、待つかどうか迷った挙句に断念。

会場着11時30分、受付を済ませ、賛助会ブースでお決まりのトマーチン&ソーダを
頂き、開会式が12時30分。 待ってそばを食べてからでも間に合ったかな〜と、後悔。
午前中に行われたフルーツが展示してあり、倉敷のK選手の出来栄えが光っています。
フルーツ部門は、私たちの頃より格段のレベルアップで、良く作れるな〜と感心します。
 
そこからジュニアの部まで約1時間あり、トマーチン&ソーダをグビリ。 隣のブースでは
グラスの展示販売をしていますが、自分の思いでグラスを集めてきた私とは合いません。
ジュニアの部を見学、お目当ての選手の動きが緊張からか硬く、もう少し場数が必要に
感じました。 課題の部(マンハッタン)、タイムキーパーとして審査員席に同席しました。
 
懇親会で個人的に意見を尋ねに来る選手がいるので、メモを取りながらの観戦。 隣は
福山のY氏、小声で「難しいな〜」 確かに目を見張る演技には出会えず終了。 続いて
創作の部になり、レシピを確認すると、流行りからかほとんどの選手がモナンシロップを
使用して甘系フルーツ味が想像でき、色合いは緑系が多いと感じました。 終了後別室へ。
 
  
| comments(0) | trackbacks(0) | 05:38 | category: NBA |
スポンサーサイト
| - | - | 05:38 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1192
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links