気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 食べログ | main | ロティスリー K >>
カイピリーニャ
昨年から早い時間に時々お越し下さるようになったお客さま。 1杯目は、ジントニック。
納得していただけたようで、おもむろに「ピンガある?」「はい」「じゃあ、カイピリーニャ」
「はい」。 滅多に受けるオーダーではありませんが、ほとんどがブラジルに勤務されて
味を覚えられた方たちです。 私もこのカクテルには思い出があり、当時を思い出します。
 
全国大会出場前、RSKより出演の以来があり 「オリジナルカクテルと、もう一杯作って
下さい」 との事。 その当時、カクテルゼミの講師を依頼していたW氏に相談し 「ブラジル
のウエルカムドリンクだ」と、教わったのがこのカクテルでした。 本場では、パンチボール
で大量に作るのですが、シェーカーの中でライムを潰し、インディビデュアルスタイルに。
 
深夜番組でしたが、メディアの影響は大きくオーダーが重なりました。 落ち着いてからは
今回のようにブラジルに思い出のある方ぐらいで、早速作ってお出しすると「う〜ん、上品
過ぎるね。砂糖をガバッと入れてバタ臭く下品に」とリクエスト。 元々カイピリーニャには
「田舎の小娘」の意もあり、納得。 和三盆よりは上白糖と思い、多めに入れてシェーク。
 
「うん、これだ!」 OKが出ましたが、これ普通のカクテルの倍程度、長くシェークします。
お一人だと何ともないのですが、先日、4人でご来店 「ここのカイピリーニャ美味いんだ。
マスター4つ」 黙々と4連続ロングシェーク。 最後の方はウルトラマンのピコピコ状態で
昔なら、難なくこなせていた調整が苦痛に・・(苦笑) 年始早々衰えを感じてしまいました。
 
| comments(1) | trackbacks(0) | 04:23 | category: 店がらみ |
スポンサーサイト
| - | - | 04:23 | category: - |
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
| 履歴書の希望 | 2013/07/21 1:37 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1177
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links