気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 結婚式 | main | 料理 >>
裏方
 
日記を書いていると、お越しになられた方との会話が、ここに及ぶ事があります。「冷蔵庫、大丈夫?」
「レインボーって、どんな感じ?」 嬉しいですね〜。 いつ載るか分からない日記を、読んで話題にして
さる・・ 反応が多かったのは「マスターが下手間なんて、もったいないですね」 と、カクテルパーティー
のグラスを用意して回ったという日記でした。 「ヒマな者が動いて、潤滑に回れば良いと思うんですよ」
 
実際、当店でお買い求めになられたチケットは5枚で、今年は多いほうです(苦笑)。 他の会員さんは
もっと努力し、自分のお客さまを呼んでいるので、そうした方が前線で作り、喜んでいただけたら、それで
良いと思うのです。 見渡して知り合いの少ない状態で、グラスを運んでいて(あ〜、この白髪のおっさん
え〜年して、グラスを運ぶ程度の事しか出来んのか・・)と、思われても、それはそれで良いのです。(笑)
 
1989年、広島で全国大会がありました。 各本部持ち回り制になり、準備も大変だったと思います。
会場の広島ターミナルホテル(現グランヴィア)に選手は前泊で集合、ミーティングなどを済ませ、翌日に
備え、早めに就寝するのですが、寝付けず気分転換に会場に降りると、みんなまだ汗だくで準備をして
いました。 それなのに笑顔で「明日頑張って下さい」と、声を掛けられジーンときた思い出があります。
 
結果、入賞には届きませんでしたが、裏方の大切さを身にしみて感じた大会でした。 以来、自分の
教わった事、大会で感じた事は、後輩に残すように心掛けました。 久しく休んでいましたが、岡山での
全国大会の年 「何でもするから」と、申し出ると中国大会からタイムキーパーとして復帰する事になり
絶対ミスは許されない真剣勝負でした。 タイムキーパーとグラス運び、適役をこれからも頑張ります。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:28 | category: NBA |
スポンサーサイト
| - | - | 20:28 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1159
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links