気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< Bar Spoon | main | NBA 全国大会・高松 (2) >>
NBA 全国大会・高松 (1)
5月23日(日) なんだかんだで床に就いたのが8時、9時30分に目が覚め動く事に。
うまくいけば10:47発のマリンライナーに乗れるかもと支度をし、児島駅に向け出発。
他のメンバーは、倉敷駅から岡山駅で乗り換えると聞き、私の最寄駅からは三角形
の2辺と1辺の差と、駅前の駐車場が1泊2日でも800円と知り、車に決めたのです。
 
駐車場到着10:46 「だめだ〜」 しかし、駅に列車が入ってくる気配なく、切符を買って
いると 「4分遅れ」のコール。 「ラッキー!」大会は13時からで、この時間なら高松市
美術館の「カンヴァスに描かれた女性たち」に行く事が出来そうです。 早速K記者に
美術館界隈のうどん屋さん情報を求めるメールをし、雨で視界の悪い橋を渡りました。
 
K記者は、倉敷勤務時代、ほぼ毎日のように来店し、モルトに目覚めた優秀な(笑)
記者で、なんと7月に祝言を挙げる事になり、披露宴でのカクテルコーナーの依頼が
ありました。 会場が高松のRホテルで、その打ち合わせも兼ねています。 メールの
返信がありましたが、まだ岡山で仕事中、うどん屋「A」とそば屋「F」が記されています。
 
美術展は「聖母子」「神話と伝説」「貴婦人の肖像」「若い夫人と少女」「母と子」の構成
になっていて、礼拝図的な描かれ方の聖母マリアや、布の素材まで分かる精緻な描写
に圧倒されながら美術館を出て、うどん屋「A」に行くと店舗改装中で、そば屋「F」へ。
香川に来て蕎麦・・とも思いましたが、もり2枚をいただき、2枚目は半額のサービス。
 
お昼時で繁盛していました。 アーケードの商店街に入り、目指すはサンポートホール
高松。 まとめて受付をしてくれているN支部長と会い入場。 コンサートホールの立派な
会場で開会式中、着席し待っていると演技開始、課題カクテルのショート(分量不足)が
目立ちます。 会場から離れているからでしょうか「今、賛助会ブースがガラガラだって」
 
連れだって1階の商品展示コーナーへ行き、日頃電話やメールで取引しているメーカー
さんとご挨拶。 新商品など試飲し、会場に戻ると休憩に入っていて 「ありゃ!岸川くん
見逃した」 後半はY技研部長と2階席より観戦。 15時、約束していたK記者から「下で
待っています」とメールが入り、会場を出て、Rホテルにて打ち合わせを済ませると16時。
 
もう帰っても大会は終了だし、懇親会は19時からです。 「うどんに行きませんか?」と
K記者と婚約者の彼女と3人で、市街地より離れたうどん屋「Y」へ。 元は造り酒屋と
あって長屋門をくぐり、中庭を抜け座敷に、雨に打たれた緑鮮やかな景色に、さぬき
らしいもっちりとしたうどん、大満足でした。 BARの開店まで間があり、焼き鳥屋で一杯。
 
そこは、K記者が高松勤務時代によく通っていたらしく、店主の方が寄ってきて、県政・
市政の不満が爆発し、あれこれと話が尽きません。 おかげで、うどん屋「A」が閉まって
いた理由まで分かりました。 こうした街中の声を拾って取材ネタにしてたんだなと納得。
お薦めのBAR「K」へ、千葉と東京で修業を積み、丁寧な仕事と接客に好感が持てます。
 
「そろそろ結果発表かな、戻ろうか」 婚約者と別れ、K記者とホテルクレメント高松に。
宴席は盛り上がっており、結果を待ちますが、なかなか余興が終わらず、あちこちから
不満の声も出だし、朝からずっとの選手たちにもつらい演出です。 まずは、フレアの
発表があり、優勝者の演技を披露。 終わって、さぁ待ちに待った本選の結果発表です。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:12 | category: NBA |
スポンサーサイト
| - | - | 11:12 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1097
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links