気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< NBA 中国大会 (1) | main | NBA 中国大会 (3) >>
NBA 中国大会 (2)
大会での私の役目はタイムキーパーで、永らくお休みをしていた協会の仕事に復帰
してから、リハビリの意味を込めてと、Y技研部長の配慮によるものです。 審査員と
同列で演技を見る事が出来、一昨年の全国大会や昨年の中国大会を経て、20年程
前の自分とダブらす事が出来ました。 マニュアルって大筋変わってない物なのです。

今回も本選での課題と創作で、ジュニアで登場する倉敷支部のY選手は、客席より
応援しようと思っていたのですが、開会式後、一旦外に出たブースでカクテルピンが
目に止まり、話し込んでいるうち見逃してしまいました。 Yさんごめんなさい。 しかし
彼女の実力からすれば、余裕のトップ通過だと思いますし、そうでなければダメです。

本選が始まりました。 今年からタイムキーパーが「スタート」と発声し、演技開始です。
そのタイミングを待つのですが、選手の準備に時間が掛り過ぎます。 これは、何度も
Y技研部長が指摘している事で、パパッと準備して待つくらいの余裕があれば、自然と
演技にも期待感が増すのですが・・タイムオーバーの選手もいました。練習不足です。

課題カクテル(ロブロイ)も試飲します。 普通タイムキーパーにその役目は無いのです
が、隣のY審査委員長から回ってきます(笑) 選手によって味はマチマチで、力量が
怖いくらいに分かります。 お店では、チンザノ・ロッソは使いませんが、改めて難しい
カクテルだと感じさせられました。 昔、マンハッタンで悩んでいた頃を思い出しました。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:49 | category: NBA |
スポンサーサイト
| - | - | 11:49 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onodabar.jugem.jp/trackback/1076
トラックバック
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links