気まぐれ日記 in ONODA BAR

オノダバーのマスターが気まぐれにつづる日記です。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
謹賀新年
 
明けましておめでとうございます。 昨年、20年目の節目の年、皆さまから多くのお祝いの
品を戴きました。この場でお礼を申し上げます。 ありがとうございました。 今後も30周年に
向けて頑張りますよ。 12月30日の営業を終え、2012年もあっという間に過ぎてしまいました。
日計表を見ながら振り返ってみると、営業日数318日、売上xxxx円(恥ずかしくて書けません)

何かアクションをと、7月からは17時オープンにしました。 準備時間のペース配分が悪く
17時にご来店の方にお待ちいただく事もあり、反省材料です。 19時までのハッピーアワー
メニューを、上手に使いながら、前菜盛りをオーダー頂くのはほとんどが女性の方で、男性の
方は、19時からの飲み会に行く前にちょっと・・と、寄っていただく方が、多かったですね。

禁煙にして減っていた御来客数も、前年と比べて増えていますし、売上にも反映しています。
早い時間のBARを、粋に利用される方が増える事を願って、今年も続けていこうと思います。
さて2013年はどうなりますかね〜? とりあえず、学年末考査とも言われる確定申告のまとめ
に全力を費やす事と、2月には中国本部の技能大会が東広島であり、スタッフ参加します。

それと、1月27日(日)は、成田一徹さんを偲ぶ会があり、参加してこようと思っています。
と言うわけで、1・2月の店休日が変則的になりますので、よろしくお願いいたします。
1月の店休日 1・2・21・27・28日  (7・14日は営業いたします)
2月の店休日 3・4・18・25日     (11日は営業いたします)
| comments(0) | trackbacks(0) | 06:28 | category: 店がらみ |
古酒

寒い日が続いてますね。今年は、一段と厳しい気がします。 お店の方も平日は、12月
とは 思えないほどの落ち着きようで、たいした疲労感もないまま帰宅し、やかんを火に
掛け、朝日酒造の壱乃越州を熱燗にし、小鍋に出汁を張り、豚バラ・ほうれん草・豆腐を
温めてハフハフ、熱燗グビリで暖を取りますが、ついつい飲み過ぎてしまいます(苦笑)

出勤途中、ワインショップ「S」へ日本酒の補充に立ち寄ると、ご主人から「こんなのあった
の覚えとる?」「えっ?」 奥の冷蔵の日本酒庫へ付いていくと 「1989より前 天狗舞」と
書いた新聞紙に包まれた一升瓶があり 「まだ、あるよ」と、小鼓・天楽、朝日山・吟醸が
出てきて、どれも平成2年頃の物です。 当時は、和食Bar「C」で、日本酒も出しており

休日を利用して、神戸あたりへ買い付けに行っていました。 いろいろやっているうちに
古酒に興味を持ち、ご主人に相談すると 「蔵元には、寝かす余裕がないから、するの
なら、店でしたら? うちで預かってもいいよ」と、快く引き受けて下さり、何本か預けた
記憶があります。 店も変わり、すっかり忘れていた4〜5年前にも 「あるよ」聞かされ

昼食会のメンバーで、平成元年の天狗舞・純米吟醸を開け 「力強く生きてる」と、感心
した覚えがあります。 その残りがあったのをまた忘れていました(笑) 一足早いX'mas
プレゼントを頂いたような気持ちです。 どんな事になっていますかね? 日本酒ですので
お店のメニューには載せませんが、この日記をご覧の方で、興味のある方はどうぞ。  
| comments(0) | trackbacks(0) | 05:23 | category: 店がらみ |
福山散策
11月最終休日、翌月になれば何かと慌ただしくなるかもと、ふらり福山行きを思い立ち
JRに乗り15時過ぎに到着。 目指すは15時開店の、スタンディングBar「A」。 冷たい
風が、木の葉を吹き散らす中到着するも、準備中の様子。 聞けば東京から帰って来た
ばかりで、ならばもう1つの目的地のそば屋「D」へ先に行く事にして、場所をS氏に確認。

以前、駅前で永らく営業をしていましたが、開発に伴い移転し、行きづらくなっていました。
その息子さんが、また駅前で再開したと聞き伺ったのですが、15〜17時が休憩でアウト。
「ついてないな〜」と、また「A」に戻り、中に入ると椅子がセットしてあり 「どうしたん?」
「お客さまの年齢が高くて・・」と、スタンディングスタイルは変更を余儀なくされたそうです。

デュワーズのソーダ割りを頂いて17時前、再びそば屋「D」へ。 席に着き、ビールを注文。
ご主人は「延し」の最中で、奥さんらしき方がにこやかに 「私で出来る物はお出ししますよ」
すじポンを頼み、お父さんゆずりの割り子そばを久しぶりに頂きました。 お腹も落ち着いた
ところで、Bar「I」を目指し久しぶりの再会。ホワイトホース12yのソーダ割りと自家製チョコ。

ウイスキーが練り込んであり、チーズ風味のスティックとの相性も良く、参考になりました。
そして、N支部長のお店でグレンリベットのソーダ割り。 どのお店もウイスキーは、お任せ
でしたが、それぞれ個性があり面白かったです。 ハイボール8杯、そこそこに酔い帰路に。
心残りは、重鎮「S」氏のお店に寄る元気がなかった事。次回は必ずと心に決めたのです。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:10 | category: 飲食 |
○○の秋
その後、美術館を後にして向かったのは、T先生ご紹介のお店で昼食。 今年4月開店の
和食店で、カウンター5〜6席、4人掛けのテーブル1卓を、京都で修業されたご主人が
お一人で切り盛りされています。 生ビールで乾杯。 昼のミニ会席は、前菜4種盛(あん肝
とからすみ・鮭と酢蓮根・真子の煮物・豆のかきあげ) 「これは、日本酒ですね」 と男性陣。

一ノ蔵・本醸造のぬる燗登場、女性陣はワインで再乾杯。 お造り(まながつお・たいらぎ)は
山葵と泡醤油で頂きました。 先ほどの名画の感想を話題に日本酒が進みます。 椀物は
牡蠣とかぶら煮、ほうれん草が添えてありました。 そして、さつま芋ご飯と赤だし、アイスと
りんごの赤ワイン風味で終了。 個人的にはデザートより、焼き物1品ある方が嬉しいかな。

雨がまだ残る、美観地区を抜け向かったのは、林源十郎商店のCafe「G」。スタンディング・
スタイルのCafeは、昼食会のメンバーのお気に入りで、先週日曜の倉敷みらい公園内での
持ち寄り飲み会後も伺っていました。 サッポロ・ラガーと「赤・重」ワインで再乾杯。みんなで
ローストビーフサンドや、洋風すじ煮込みなど頂いて、ネルドリップのコーヒーで〆ました。

いや〜、仕事前にしっかりと飲みました。開店までには、少々時間もあり仮眠。 芸術と食欲
の秋を堪能し、この日のきっかけのF氏と、新規開拓のTさまに感謝しました。 久しぶりの
入館となった、倉敷市立美術館。 旧市庁舎時代に、アルバイトをし午後5時に終わり、夜の
アルバイトに。 現在の仕事のキッカケとなった場所に、当時を思い出し感慨に浸ったのです。
 
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:53 | category: 飲食 |
再会
先週、早い時間にふらりと入って来られた男性のお客さま。 (あれ〜、誰やったけ?)
席に着かれて 「7年前に絵を・・」「あっ!パブデピカソさん」 あの時は、酔夏のソルティ・
ボンベイサファイアなど、スラスラとスケッチしてお帰りになり、後日、色付けした葉書が
届き、額に入れてカウンターに置くと、今でもお客さまとの話題になることもしばしばです。

今回も、岡山でお仕事があり、再会となりました。 ジャックローズ・アードベック(ドラム
・ランリグ)・グレンゴイン・ポートエレン(ラ・リザーブ)と、飲んでステッチしてお帰りになり
ましたが、どのような仕上がりで届くのか、楽しみにしています。 「明日は、岡山のBarを」
との事で、懇意にしているBar「U」をご紹介しようと思っていると、リサーチ済みで流石です。

仕事終わりに「U」へ 「明日、スケッチブックを持ったお客さまが行くよ」と連絡。「頼むと
葉書にして送ってくれるから」とアドバイス。 楽しみが増えました。 電話の切り際 「今度の
日曜日、倉敷の市立美術館に行きたいんですよ」「あ〜、山岡コレクション?」「鮭図が
見たいですね」 せっかくならばと、昼食会のメンバーに連絡し、計6人で鑑賞となりました。

12時集合で入館、高橋由一や黒田清輝など、江戸時代後期から明治にかけての洋画を
堪能いたしました。 第1会場から第2会場に移る間に、人物や風景の素描の手帖が展示
されていて、こんなにサラサラと描けたらいいなぁ〜。先日の、パブデピカソさんのスケッチ
とダブり見入っていました。 一番印象に残ったのは、手帖だと言うと「変」て思われるかな?
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:45 | category: 店がらみ |
成田一徹さん

昨日、悲しいお知らせが届きました。 切り絵作家の成田一徹氏が亡くなられたそうです。
脳出血、享年63歳、早すぎます。 まだ信じられません。 昭和の頃、BARに恋焦がれて
定休日には、神戸に出掛けていました。 お目当ては 「神戸ハイボール」と「ルル」 この
2店は押えて、後は成り行き任せでブラブラ、好みの中華の店もあり充実の神戸でした。

昼頃、神戸に到着し、まずは上海料理店「S」へ、ミル貝・豚バラ肉の甘酢あんかけなどを
頂いて、4時開店の朝日会館地下・神戸ハイボールを目指します。 S社ホワイトの氷なし
ソーダ割りで、カレー味のピクルスが付いてきます。 若造の私に会話のすべもなく、目に
ついた、壁の切り絵の事を尋ねると「これか、成田はなぁ」と、目を細めて語りだしました。

切り絵が本になっていると聞き、元町の「K」書店へと走り 「酒場の絵本」をゲットしました。
以来、個展があると聞けば出掛けていたのですが、会うに至らず「いつかはきっと、店を
切ってもらおう」と、心に決めていました。 月日は流れ、バーテンダー仲間のY氏のお店を
切りに取材で、来倉との事。 「その後、必ず連れて伺いますから」と、嬉しいY氏の心遣い。

かくして、初対面となったのです。 私の中では、もっとシャープな方を想像していましたが
柔和で温厚な方でした。 ここぞとばかりに手持ちの著書をお出しすると、全部にサインを
頂き、改めて感慨に浸ったのです。 再会し作品にして頂ける事と信じて、続けて来ました
が、叶わぬ事となり消沈状態です。まだまだご活躍の道半ば、ご冥福をお祈りいたします。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:24 | category: 店がらみ |
WINE BAR 「S」
当店がお世話になっていますワインショップSさんが、お隣にワインバーを開店しました。
息子でシェフのHくんは、高校卒業し、調理師学校へ進み大阪のフレンチ店で修行して
帰ってきましたが、酒屋さんという性格上、飲食店とのつながりがあり、開店には慎重に
なり、ワイン会でオードブルを作っていました。 が、ここで満を持しての開店となりました。

ところが、営業日時が木・金・土の18時〜24時で 「ありゃ、全く行けんな〜」と、思って
いました。 しかし、思い切って「日曜日の昼間に人を集めるから開けん?」「いいですよ」
と、あっさりとOKが出て、早速昼食会のメンバーに声掛けしました。 日程の悪さもあり
5人しか集まらず、折角開けて頂くには気の毒でしたが、その分飲みましょうと集いました。

ヒューガルテンの生で乾杯し、料理は、お任せでお願いしていましたので、アミューズには
茄子のブルスケッタ・黒オリーブ、その後、前菜盛り(キッシュ・テリーヌ2種・エスカルゴ・
イカのエスカベーシュ、サーモンのマリネ)・サラダ・エビとマッシュルームのアヒージョ・ピザ・
牛肉の団子と鶏胸肉のソテーという、控え目な味付けの、ワインに良く合う料理でした。

ワインはその都度、ソムリエのSさんがチョイス、同じワインでもグラスを変え、香りや味
の違いを比べて楽しませてくれました。 もちろん貸し切り状態で、アットホームな接客に
すっかり寛ぎ、また次回はもっと人を集めてお願いしようという話になりました。 一般の
営業も店内全面禁煙で、こうしたお店がもっと増えてくれるといいのにな、と思いました。

以下、頂いたワインです。
2009 ヴァルチェラーザ エトナ ビアンコ
2008  ショレイ レ ボーヌ
1999  ブルネッロ ディ モンタルチーノ
2006  シャトー クロアゼ バージュ 
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:43 | category: 飲食 |
Cocktail Party
9月30日 (日) NBA倉敷支部主催のカクテルパーティーに参加して来ました。 23回目と
なるこの行事、開催当初は中心となって動いていましたが、何年もお休みしていましたし
復帰してからも、若手の方が気を遣ってくれて、楽なポジションが用意されています(笑)
週末、台風の影響が懸念されていましたが、昼過ぎからは日差しもあり、ホッと一安心。

アイビースクエア・フローラルコートに到着し、チケットを返却して担当ブースへ。 班長の
Mくんから 「マティーニお願い出来ますか?」「ええよ」「あの〜、マンハッタンもお願いして
いいですか?」と、遠慮がちな要請に「ええよ」。 材料・グラスを確認し、控室でお弁当を
頂いて、始まるまで会場の隅から、てきぱき動く若手を見ても、知らない顔がチラホラ。

17時開演。 心配されていたお客さまの入りもまずまずで、広島支部のEご夫妻、呉支部
I支部長と挨拶。 スタンダードが主体の当ブースも、飲みやすいロングカクテルに集中し
マティーニ・マンハッタンは少数派で、ブース内を見回して、足りなくなりそうなタンブラーや
ワインコーナーのグラスが残り少なく、やはり今年も洗い場と往復しグラス係に徹しました。

そして、メンバー紹介がある前に、会場を去りました。 今年のポスターを見た方からは
「ガールズバーのパーティーみたいだね」と言われていましたし、バンドもリハーサルから
大音量で、本番もオーダーを通すのに怒鳴る状態に 「もういいかな」と感じました。 色々
工夫をして盛り上げようと頑張る若手に託し、来年からは不参加にしようと思いました。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:11 | category: NBA |
ヒグマのごちそう

夏の定番カクテル「酔夏のソルティ」 今年も5月の熊本産からスタートして、倉吉〜石川〜
長野〜秋田〜青森とつないで、一昨日富良野産に行きつきました。 富良野になると「あ〜
今年もスイカは終わったな〜」と感じます。 お客さまからも 「今、どこ?」と、産地を聞かれ
「なぜ、大栄は使わないのですか?」と、よく質問を受けますが、ここでは控えます(苦笑)

先日出勤すると、その富良野のスイカが入口に置いてあり、インパクトのあるネーミングと
可愛らしいイラストが目を引きます。 「誰やろ?」 中を開けてみると、私の中での美味しい
基準をクリアしたスイカが2個。 素晴らしい贈り物で心弾みました。送り主は、当日ご来店
の常連のKさまで 「ありました?」「ありがとうね。え〜面構えしとるわ。きっと美味しいよ」

まだ、前のスイカがあり 「切ったら、ソルティ飲んでね」 まだ、ご来店になられてませんが
一昨日から提供を始めると、「酔夏」を飲み慣れているお客さまからも 「美味しい」「味が
濃い」と、大好評です。 カットしたものの残ったスイカを、仕事終わりにいただくのですが
シャキッとしていて 「うまぁ〜!」 最後に、この夏1番のスイカと出会う事が出来ました。

気になり、サイトを検索したところ、昭和の40年代政府の減反政策に端を発した、稲作
からの転換で、昭和47年、ワインぶどうの栽培に取り組む傍らスイカも栽培。 日当たりの
悪さも寒暖を生み、水はけのよい土壌が「山部西瓜」を生みました。 味の良さから評判が
広がりますが、爆発的になったのは「ヒグマのごちそう」だとか。 大事だな〜ネーミング! 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:21 | category: 店がらみ |
復活ライト

当店カウンター中央に鎮座するライト。 元は、アルマニャック・シャトーロバードの5L入りで
前店・兆屋で売り切ったものの捨てきれず、空き瓶を持ち込んで、カウンターの隅に置いて
いました。 すると、お客さまが 「持って帰ってもいい?ちょっと遊んでくるから」とお持ち帰り
になり、数日後、素敵なオブジェに様変わりして帰ってきました。 「いや〜、面白かったわ」

元々、アルマニャックだった事もあり、ぶどうをイメージして創作。 熱量を抑えるなど様々な
工夫が施してあり、いろいろ説明を受けたのですが、うとい私はチンプンカンプンで(苦笑)
ただただ美しい光に見入っていました。 あれから10数年、営業日は毎日点灯していました
が、先日コンセントに差し込むとショートし、切れてしまいました。 「ありゃりゃ、困ったな〜」

こんな時には、頼もしい保全係へと、さっそく常連のMさまにメールし、事情を説明し、持って
帰っていただきました。 「マスター、直ったよ」と持参して下さり、前より見違えるようにきれい
になっています。 最初は、瓶の表面をきれいに拭いて下さったものだと、思っていましたが
聞くと、中のビー玉を全部出し 「くすんでいたので、全部拭きました」「うわ〜、大変やったね」

「大変なのは、その後です。均等にビー玉を戻すのに苦労しました」「ほんと、ありがとうね」
「いや〜、面白かったですよ。いろんな仕掛けがあって、感心しました」 プロはプロの心を
知ると言いますが、間に素人の私が入っているので、直すのにも苦労が大きかったと思い
ます。 あった物が無い数日間は、やはり寂しいものでした。 Mさま、ありがとうございました。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 05:22 | category: 店がらみ |
Categories
Search this site
Selected Entry
Comments
Sponsored Links